STAFF BLOG

  • 2018.05.17 ブログ
    小旅行♪

    随分とご無沙汰してしまいました。

    ハマエンジニアリング採用担当Mでございます。

    皆様、いかがお過ごしですか??

     

    気付けば初夏の陽気。

    汗ばむ陽気の日もだんだんと増えてきて、夏の足音を感じています。

    これから本格的に暑くなる前に、体力をつけておかないといけないなあと感じつつ、特に何をするでもないままに日々を過ごしています(笑)

     

    GWも終わりましたね。

    皆様はどこかへお出かけされましたか?

    私は、友人と四国へ行ってきました。

    初日から列車が遅れて、残念ながら鳴門の渦を見ることは叶いませんでしたが、大塚国際美術館に行ってきました。

    とても大きな美術館で、全ての部屋を見て回ると、全長4kmにもなるのだとか。

    全部見て回ろうと思うと、3時間でも足りないくらい。

    もう、ちょっとした運動です(笑)

    館内には世界中の名画がたくさん飾られているのですが、なんと全てイミテーション。

    一つも本物がないというのだから驚きです。

    額縁に飾られた絵画だけではなく、大聖堂の壁画を復元してあったり、壁や天井まで一面の絵画で飾られたお部屋は、とても荘厳でした。

    けれど、どの絵画も本当に美しくて、絵心のない私には、本物との見分けなんてつきません(笑)

    見ていると、スーッと絵に引き込まれてしまいそうな、神秘的な空間でした。

    普段、あまり美術館には足を運ばない私ですが、たまにはこうして美しい絵画をゆっくり見るのもいいものですね。

     

    翌日は高知城にも登りました。

    もともと高台に作られているだけあって、景色がとても綺麗!

    階段を登ってゆくのは大変でしたが、天守閣から眼下の世界を見渡せば、疲れも一気に吹き飛んでしまいました。

     

    もちろん、美味しい鰹も頂いて(笑)

    香川では美味しい讃岐うどんも頂いて(笑)

    そういえば、「かまたまバターうどん」なるものを頂きました。

    その名の通り、卵とバターを絡めてあって、こう、カルボナーラのうどんバージョンみたいな印象でしょうか(笑)

    今回の旅行で、一番の変わり種の食事でしたが、とても美味しく頂きました。

    久しぶりの旅行、食と自然と芸術を堪能したGWでした。

     

    それでは皆様、夏に一歩ずつ近づきつつある今日この頃。

    しっかり水分補給して、体調管理に十分注意して下さいね(^-^)ノシシ

     

     

    採用担当Mより。

  • 2017.11.08 ブログ
    匠の技 ~その後~

    こんにちは、ハマエンジニアリング 採用担当です。

    有田焼の体験工房にて、作品を3つ制作してきたのが
    宅急便にて届きました。

    窯元のイケメン陶芸家の手により見事に修正され、
    ご覧の通り、ド素人の作品が良い感じに出来ている
    ではありませんか!

    匠の技 その後.JPG

    見た目は、かっこいいです。(^_^)v

    しかし、手に取ってみると・・・「ずっしり」土の量が多い為、
    削って整えていただいたのにかなりの重量が・・・

    貴重な材料を無駄にしているようで、心が痛みました。

    一番うまく出来たのは、最後に挑戦した「平皿」でした。

    折角の器ですから、普段使っております。

    芸術の秋ですから、みなさんも何か挑戦してみませんか?

    2017/11/8 Y

  • 2017.05.15 ブログ
    匠の技

    こんにちは、ハマエンジニアリング 採用担当です。

    ゴールデンウィークを利用して、有田焼の体験工房に
    行ってまいりました。

    これまで博物館や美術館、神社・仏閣を訪れることは
    多かったのですが、何かを「体験する」ということが
    意外とありませんでした。
    記憶に残っているのは、10年ほど前に乗馬無料体験
    チケットをくじ引きで当て「ハワイアン・・・・」という
    名前のお馬さんだったか、1時間の乗馬を体験したきり。

    今回夫婦で申込み、お互い初めての電動ろくろを体験。
    昔の映画にあったような絡みはありません<(_ _)>

    窯元の若い2代目(かなりイケメン)が、一連の手本を
    見せて下さり、その後に各自3つの作品を制作しました。

    何を作るかをイメージして、手を土に慣れさせる。
    ろくろの回転速度を調整(車のアクセルのように)しつつ、
    指先に神経を集中・・・・「ああっ!!」ぐにゃ~
    お約束の失敗をしましたが、何とか、茶碗と皿とお猪口の
    3作品を作り終えた。乾燥させて、2ヶ月後に焼き上がりを
    宅配便で送ってくれる。

    何事も実践してみなければ、分からない!
    頭でイメージするばかりではなく、「やってみなけりゃ
    わからない!一歩踏み出してみよう!!」
    そんなことを実感した貴重な時間でした。

    山間の小さな工房で、毎日土と向き合う若き陶芸家の指先は、
    冷たい土に命を注ぐような「匠の技」でした。

     

    2017/5/9 Y